PTA

ご挨拶

   PTA会長 瀧 川 英之

5月12日のPTA総会にてご承認いただき、今年度会長を務めさせていただきます瀧川です。この大任を重く受け止め一年間精一杯努めさせていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
 保護者の皆様におかれましては、日頃よりPTA活動にご理解いただき誠にありがとうございます。ご多忙とは存じますが、学校へと足を運んでいただき、諸行事へのご協力、ご参加をお願いします。4月には新たに新入生を迎え、通学に今までより時間がかかる中、部活動と勉学を両立しながら、夢に目標に向かって頑張っている子供たちの学校生活をよりよいものとできるようお手伝いできる『PTA』でありたいと考えています。
 保護者の皆様におかれましては、日頃よりPTA活動にご理解いただき誠にありがとうございます。ご多忙とは存じますが、学校へと足を運んでいただき、諸行事へのご協力、ご参加をお願いします。4月には新たに新入生を迎え、通学に今までより時間がかかる中、部活動と勉学を両立しながら、夢に目標に向かって頑張っている子供たちの学校生活をよりよいものとできるようお手伝いできる『PTA』でありたいと考えています。
 昨年は、紀の国わかやま国体、紀の国わかやま大会が開催され、多くの生徒が活躍し楽しませていただきました。また、本校では山岳競技が行われ、多くの生徒がボランテイアとして参加し、きれいに育てた花とともに、生徒たちの明るい笑顔がとても印象的であり、全国から訪れたみなさまに南部高校生としてのおもてなしの心を十分アピールできたのではないでしょうか。
 さて、本校は学科改編により、来年度から『食と農園科』が新設されます。みなべ・田辺の梅システムが世界農業遺産に認定されたことにより、今まで以上に担い手を育成する機運が高まり、その期待に応えるため、梅の生産はもとより、加工、流通、販売、それらに対応できる人材を育てる目的があります。これまで先輩方が築き上げた、農業系学科の良き伝統を引き継ぎ、園芸コース、加工流通コース、食文化探究コースを設け、特色を打ち出し、本校はもとより多くの地域や産業がさらに活性化されることと期待しています。
 最後に、校長先生はじめ、諸先生方、事務室の方々には、授業はもとより、部活に課外に、進路指導、生活指導にと、将来子供たちが活躍できる土台となるよう、一人一人に対しご指導頂けることをお願いし、私の挨拶とさせていただきます。

 ありがとうございました。