国際交流


発足

 この活動を地域ぐるみで支援するため、1999年7月に南部高校学友会・PTA・南部高校の三者で「みなべ国際交流地域後援会、SMILE(Siciety for Minabe International and Local Exchange」を発足させました。南部高校で実施する国際交流教育活動を物心両面からサポートしています。 南部高校の組織としては、国際交流委員会を同時に発足させ、生徒の国際交流の活動の支援を行っています。


国際交流委員会からのお知らせ

 本校は、中国・山東省にある済南第一中学校と姉妹校提携を結んでおり、またオーストラリア・ビクトリア州のティンブーン高校とも交流しています。そして今年度は、済南第一中学校とティンブーン高校の両方の高校が本校への訪問を予定しています。

平成20年度 済南第一中学校来校日程
日 程  10月12日(水)〜10月15日(土)
来校人数   生徒5名 教員5名

 11月12日(水)〜15日(土)の四日間、中国の姉妹校である済南第一中学校より、ツァオ・ツォンミン副校長先生を団長とする先生方5名、生徒5名の計10名の方々が来校しました。13日には龍神分校で陶芸を通して分校の生徒と交流し、14日には新体育館での文化祭開会式で本校との交流会を開催しました。第一中学校の生徒は全員で合唱を、そして生徒を代表してツァオ・ヨウさんがプロ級のピアノ演奏を披露してくれました。南部から帰る15日には多くの生徒が南部駅で見送り、中には涙を流して別れを惜しんでいる生徒もいました。

済南第一中学校来校の思い出PHOTO
 
mail from chinan(2/23UP)

平成20年度 ティンブーン高校来校日程
日 程 12月15日(月)〜12月19日(金)
来校人数 生徒8名 教員2名

 12月15日(月)〜19日(金)、オーストラリアのフレンドシップ校であるティンブーン高校から生徒8名(男2名・女6名)先生2名の計10名の訪問団が来校し交流を行いました。留学生は本校生徒宅にホームステイし、16日の歓迎式典の後、17日までの二日間、授業に参加したりクラブ見学等をしました。書道の時間には生徒と一緒に名前をカタカナや当て字の漢字で書くなど日本文化を楽しみ、英語の授業では班に分かれ、それぞれの班で英語を通して交流を図っていました。18日は龍神分校や龍神中学との交流を行い、生徒と一緒にゲームやソフトボールを楽しみました。18日の夜は留学生全員が南友寮に宿泊し、寮生との交流会を持ちました。最初は慣れずにぎこちなかった交流会も、終わり頃にはうち解けあいみんなで歌を歌ったり、ダンスをするなど遅くまで盛り上がった。

ティンブーン高校来校の思い出PHOTO